カンロのアメ。
4月8日は花祭り(灌仏会)。 お釈迦様の誕生日(本当は旧暦だけれど)。
お釈迦様が誕生した際、天から九頭の龍が現れて産湯の為に『甘露の雨』を降らせたという言い伝えに由来して、
花祭りには各地のお寺で誕生仏の像に甘茶をかけたり甘茶をいただいたりする行事が行われるそうです。
甘露とは、天地陰陽の気が調和した時に天から降る甘い液体で、不老不死の飲み物。
では、カンロ飴は甘露の雨から来ているのかしら? と思って検索してみると、やはりそのようですね。
since1955年のカンロ飴。 子供の頃から飴と言えばの代表のような飴です。
確かに、甘い露の玉ようなしみじみとした味わいのある飴で飽きない美味しさ。 しょうゆ味なんですよね~。
c0150974_00002816.jpg
c0150974_00003687.jpg
無病息災を願って、カンロ飴と草餅をいただきました。 草餅も花祭りのお供えの定番とのこと。

[PR]
by aku_beeno | 2018-04-09 11:19 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)


<< 驚きのサンド。 ブラックベリーの花。 >>