カテゴリ:食べ物・飲み物( 71 )
  乳菓系焼饅頭。  
c0150974_082534.jpg
バターやクリームの甘い香りがして、スイートポテトならぬスイート白あんみたいなお味でした。
[PR]
by aku_beeno | 2015-09-01 00:09 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  夏のおまんじゅう2種。  
c0150974_18563346.jpg
夏が終わる前に、季節の涼菓・麩饅頭と水饅頭を。
麩饅頭は小麦粉グルテンである生麩に餡を包んだおまんじゅう。
水饅頭は葛粉や水まんじゅうの素を使用した白っぽいドーム型をしているおまんじゅう。
今回のお菓子はどちらも地元の和菓子屋さんでもとめたものだけれど、麩饅頭は青のり粉の風味が利いた食感も滑らかな一品で、
水饅頭はやわらかく餡は上品なこしあんで結構あっさりしたお味。 後味にほんのりと葛が香って美味しかったです。
[PR]
by aku_beeno | 2015-08-23 19:09 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  信玄桃。  
桃の季節、信玄餅で有名なお店のお饅頭・信玄桃をいただいてみました。
パッケージのインパクトがすごくて面白い。^^  桃の産地ならではの発想というか、これなら山梨の桃のPRだってばっちりだよね。
c0150974_1628535.jpg
開封するとこんな感じで、桃饅頭がこんにちは~。
c0150974_11581886.jpg
皮の色は思っていたより黄色でした。
作りたては白い粉でお化粧してあるみたいなのですが、購入してから時間も経っているので溶けちゃったみたいですね。
でも、ほんのりピンクで可愛らしい形。
c0150974_11582489.jpg
暑い時季なので少し冷してからいただきました。 その方がきっと美味しいだろうと思ったのは、やはり正解でしたよ~。
皮は所謂カステラ饅頭の部類で、ひよこやなごやんなどと同じ仲間ですね。 餡は桃ゼリーが沢山入った桃白あん。
桃ゼリーは硬めになっていて桃の風味がとっても良いです~。
c0150974_11583380.jpg
自分で桃を買うと失敗するけれど、こちらはその心配も無しです!
[PR]
by aku_beeno | 2015-08-12 16:55 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  バターナッツかぼちゃ。  
前々から気になっていたバターナッツかぼちゃ。 この色にこの形、只者ではあるまい。^^
何も知らないので調べてみれば、アメリカ出身のカボチャとのこと。 原産は南米で、植物分類上は東洋南瓜の種類。 ちょっと不思議。
c0150974_17453469.jpg
いざ、中身を拝見!  皮はピーラーでむけるくらい薄くそれほど硬くありません。 果肉も軟らかめでしょうか。
驚いたことに色がすごく鮮やかでカロチンたっぷりな感じ。 そして、めちゃんこ香りもフルーティー。 マンゴーみたいね。
c0150974_17474370.jpg
生食でもOKって本当かどうかイマイチ分からないけれども、とりあえず生の薄切りとレンジ加熱と油炒めを作って食べ比べてみました。
使用部位は凸ポン部分。
c0150974_17454965.jpg
生は、このくらいの薄さではちょっと硬くて極薄にしないと食べ難い感じ。 しかし、とってもフルーティーでスイカのような赤肉メロンのような
強い風味が感じられます。 サラダに細かく刻んで入れたらパプリカ入りのサラダのようなアクセントになりそう。 浅漬けにしたらどんなだろう。
レンジ加熱の方は、火が通りやすいみたいでクタッとした仕上がりに。 凸ポン部分は少し水っぽいと言われている通り、確かにそんな感じ。
でも、加熱したらバターナッツという名前らしいねっとりな甘さが感じられました。 ほっくり感は無いけど美味しい~。
最後に油炒め、さっと焼いたくらいだけども軟らかめの仕上がり。 こちら、すごく甘くてめちゃめちゃ旨い!
やはり火の通りが強いとねっとりくったりになるので、炒める場合は形が崩れないようにシャキットめに仕上げた方が良さそう。
バターナッツに向いている料理の代表はポタージュだそうで、ナッツのような風味とねっとり感、きめ細かくて滑らかな仕上がりになるとのこと。
クリームと合わせたらきっと美味しいだろうし色も綺麗に仕上がりそう。 ただ少し水っぽいのとフルーティーさが気になりますが。
下の部分はまた少し味が違うようなので、それも楽しみに残りも料理してみよう~。^^
[PR]
by aku_beeno | 2015-08-08 20:02 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  追分まんじゅう。  
ふっくらしたお饅頭にたっぷりのきな粉。 川崎名物の追分まんじゅう。
きな粉をまぶしたお饅頭って珍しいんじゃないかしら。 きな粉のおはぎみたいなお饅頭。^^ 
c0150974_17425961.jpg
人気のお饅頭らしく、蒸したて熱々を買えるチャンスが多いもよう。 夫ふろやんが用のついでに買ってきてくれたこちらもまだ温かでした。
なので、ふんわりもっちりの皮のもっちりがまだ強く、割ろうとしてもうまく割れず。。 きな粉、飛び散った!(^^ゞ
c0150974_17504435.jpg
白くて淡泊なふわふわもっちりな薄い皮にアクが少ない感じのきれいな色の粒あんがぎっしり詰まっていました。
粒あんが、単体で食べるとちょっと甘めなんだけどすごく美味しくて、皮はもちろん、きな粉とも合う合う!
そして恐ろしいことに、食べた瞬間は結構甘いと思うのだけれど、甘さがす~っと引けるのも早くて後に残らないのです。
このお饅頭の誕生は昭和31年。 きな粉を使うようになったのは、手や包装紙にくっ付かないようにするための工夫だったとか。
でも、このお饅頭にはきな粉があった方が断然美味しいと思う。と言うまでも無く、きな粉ありきのお味に仕上げられていますね、絶対。
材料は国産のこだわりで1個がこのボリューム、なのにお値段も安くて、評判高いのも納得です。 一度食べたらやみつきになること間違いなし。
[PR]
by aku_beeno | 2015-08-02 00:05 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  鶴乃子。  
c0150974_21234665.jpg
真っ白でふわふわなお菓子、福岡銘菓・鶴乃子。 濃厚な黄身あんをマシュマロの生地で包んだ卵型のおまんじゅうです。
マシュマロと聞いて驚くなかれ、誕生は明治時代の終わり頃。
南蛮菓子・鶏卵素麺に使われた卵の卵白部分を使って作られるようになったのが始まりとか。
原型は卵の殻に淡雪と餡を詰めたものだったそうで、このマシュマロの繊細な食感は確かに淡雪を受け継いでいる感じ。
色鮮やかな黄身あんからは、相方の鶏卵素麺のイメージも広がります。 そして、マシュマロと餡のバランスが何とも丁度良いのですよね。
全体としては少し甘めのお菓子なので、濃いお茶がベストマッチでした。^^
[PR]
by aku_beeno | 2015-07-26 19:19 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  トムヤムクンヌードル。  
夫・ふろやんが美味しいよ~と言うので、食べてみました。^^
c0150974_1052021.jpg
トムヤムペーストは後入れのタイプ。
c0150974_1052913.jpg
スープは最初クリーミーで後味酸っぱめ。 かなりレモンの風味が効いています。 酸っぱ好きでも効いているなと思うくらい。
そして、めちゃんこホット!   う~む、これは確かに美味しい~♪
[PR]
by aku_beeno | 2015-05-21 10:54 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  よいPマン。  
c0150974_22453875.jpg
もう過ぎちゃったけれど、4月9日はよいPマンの日でした。
ちなみに、15日はよい酵母の日、17日は良いナスでなすび記念日、19日はよいキュウリの日。 よいよいづくし。^^
[PR]
by aku_beeno | 2015-04-13 18:17 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
  ようかんぱん。  
静岡へ帰省した帰りに、駅の売店で見つけた『ようかんぱん』。 ちょっと懐かしくなって買ってみました。
c0150974_2357036.jpg
子供の頃は菓子パンとして普通にあった気がするのですが、、そう言えば見かけなくなったなぁ~と思っていたら
のっぽパン同様、ご当地グルメの仲間入りになっているみたいなのでした。
c0150974_2357932.jpg
中身はクリームあんぱんになっています。 子供の頃の記憶では、もっと素朴な感じだったような~・・?(曖昧)
c0150974_23571643.jpg
こちらのパンはお値段が良いこともあって、やわらかめのパンの中に入っている粒あんは美味しく、クリームとコーティングのようかんは
甘さ控えめで食べやすく、ようかんも厚めで食べごたえがあって・・と、良い作りになっていて美味しかったです。

調べてみたところ、北海道にもようかんパン文化があって、こちらの方はバリエーションも豊富とのこと。
カスタードのようかんパンなどもあるらしくて、かなり興味をそそられました。^^
[PR]
by aku_beeno | 2015-01-11 10:17 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)
  シェーブル・カマンベールチーズ。  
週末の楽しみに、チーズを買いました。
ブルーが続いたので、ちょっと違うのにしようと思って、で、選んだのは山羊乳のカマンベール(タイプ)。
c0150974_2327033.jpg
切ってみると、真ん中が白っぽく硬い感じ(カッテージチーズ状?)。 熟成がまだ若い状態の様子。
調べてみると、この白い部分は『チョーク状の芯』とか言うらしくて、やはり、熟成が進むと無くなるそうです。
c0150974_2327928.jpg
いただいてみると、酸味があって、でも、とてもマイルドでクリーミー。
若々しい爽やかさがあって、後味がさらりとしていて、とても食べやすかったです。 ライ麦のパンと良く合って美味しいな~♪
でも、熟成したらどんなだろう?
また新しく購入して、開封せずに暫く冷蔵庫で寝かせてみたらどうだろうか? ちょっと試したい気もします。^^
[PR]
by aku_beeno | 2014-11-24 23:31 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)